Dalton

機能概要

Daltonは HF, DFT, MCSCF, NEVPT2, MP2, MP2-R12, CI, CC, CC-R12 波動関数を用いた量子化学計算プログラムであり、 分子の特性やポテンシャルエネルギー面の計算が可能です。

利用方法

利用範囲

どなたでも利用できます。

利用キュー

JP/UV

実行方法

実行前に module コマンドで環境設定をしてください。

% module load dalton/2016

なお、計算過程で出力されるスクラッチファイルは、/scratch/dalton 以下に出力されます。

バッチスクリプトでの実行例

以下にバッチスクリプトのサンプルを示します。 また、実行CPU数の指定は赤字部分になります。すべて同じ数字としてください。

#!/bin/csh
#PBS -q JP10
#PBS -N title
#PBS -l select=1:ncpus=4:mpiprocs=4

source /etc/profile.d/modules.csh
module load dalton/2016
setenv DALTON_LAUNCHER "mpirun -np 4"

cd $PBS_O_WORKDIR

dalton soppa_vibavg_twobas

この例では、実行CPU数は 4 と指定しています。また、計算に必要なファイル名は soppa_vibavg_twobas.dal および soppa_vibavg_twobas.mol としています。必要な入力ファイルの種類およびそれらの作成方法については、 公式サイトのドキュメントなどを参照ください。

マニュアル

関連サイト

Dalton(公式ホームページ)