システムの紹介 各種手続き 使い方と注意事項 アプリケーション一覧 講習会情報 FAQ
HOME > 使い方と注意事項 > 計算サービス

計算サービスの利用方法と注意事項

ジョブ投入オプション(qsubコマンドオプション)

計算サービスで利用できる主な qsub オプションについて説明します。これら以外のオプションもしくはより詳細な説明については、PBSのマニュアルを参照ください。

-e path

標準エラー出力の出力先をpathに指定します。 例) -e /user1/scl7/user/jobs

-I

インタラクティブバッチジョブと呼ばれる特殊なバッチジョブが使用できます。
ジョブ開始後は、ユーザ端末の入出力がloginセッションと同じようにジョブに接続されます。ユーザが使用可能な実行マシンにログインすると、そのジョブに必要なリソースが予約されます。この方法を利用することで、アプリケーションのデバッグや処理の制御を行うことが可能です。
より具体的な説明については、こちらを参照下さい。

-j join

標準出力と標準エラー出力をまとめて標準出力に出力します。

join
説明
oe
標準出力として結合
eo
標準エラー出力として結合
n
標準出力および標準エラー出力が別々に主力される。

-l keyword=value

ジョブ全体のリソースの要求を指定します。

keyword
説明
cput
ジョブによって使用されるCPU時間の最大値(単位:time)
mem
最大物理メモリ容量(単位:size)
ncpus
要求されたプロセッサ数
walltime
ジョブが実行状態にある場合の実際の時間(経過時間)の最大値(単位:time)

※ 単位がtimeの場合、秒数(整数値)または次の形式で指定します。
[[hours:]minutes:]seconds[.milliseconds]

※ 単位がsizeの場合、指定可能なsuffixは以下の表の通りです。
bまたはw バイトまたはワード
kbまたはkw キロバイトまたはキロワード
mbまたはmw メガバイトまたはメガワード
gbまたはgw ギガバイトまたはギガワード

-M user_list

電子メール受信者リストを設定します。
デフォルトでは、ジョブを投入したユーザが受信者となります。
また、以下の例のように、カンマで受信者を列挙することで、複数のメールアドレスに送信することも可能です。
例) -M user@host, user@host, …

-m Mail Options

電子メール通知の指定します。

Mail Options
説明
a
ジョブが中止(aborted)された場合にメールを送信
b
ジョブjの実行が開始(begin)されたときにメールを送信
e
ジョブの実行が終了(end)したときにメールを送信
n
メールを送信しない(not)

メールオプションの引数としては、"n"のみを指定するか、または "a","b","e"のうち1つ以上の文字を指定します。何も指定しない場合には、"a" のみが指定された場合と同じ処理となります。

-N name

ジョブ名の指定します。 (例) -N myjob

-o path

標準出力の出力先の指定します。 例) -o /user1/scl7/user/jobs

-q destination

キューの指定します。 例)-q SMALL

-r value

ジョブの再実行可能/不可能の指定します。 例)-r n

ジョブの再実行とは、ジョブを終了し、そのジョブが現在置かれている実行キューに再び入れることです。この引数が "y" の場合、ジョブは再実行されます。"n" の場合、ジョブは再実行されません。デフォルト値は "y" (再実行可能)です。

-W depend=list

ジョブの依存関係を指定します。PBSは2つ以上のジョブの間の依存関係を指定することができます。依存関係の指定は、次のような様々なタスクで役立ちます。

1. セット内のジョブを実行する順序の指定
2. 別のジョブでエラーが発生した場合にのみジョブを実行するように要求
3. 特定のジョブが実行を開始または終了するまでジョブを保留

詳細は、
PBS のマニュアルを参照ください。