システムの紹介 各種手続き 使い方と注意事項 アプリケーション一覧 講習会情報 FAQ
HOME > 使い方と注意事項 > 計算サービス

計算サービスの使い方と注意事項

qstatコマンド出力サンプル

qstat コマンドはジョブおよびキューの状況を確認するためのいくつかのオプションが用意されています。以下では、その利用例をご紹介します。

qstat -a

-a オプションを付加することで、qstat よりも詳しい情報を表示します。

% qstat -a

fe3: 
                                                            Req'd  Req'd   Elap
Job ID          Username Queue    Jobname    SessID NDS TSK Memory Time  S Time
--------------- -------- -------- ---------- ------ --- --- ------ ----- - -----
110.fe3         fukumoto JP10     G09_Check   18829   1   8   12gb 8760: R 00:02
111.fe3         fukumoto JP4      test463      8121   1   4   12gb 8760: R 00:01
112.fe3         fukumoto UV16     test        45502   1  16   12gb 8760: R 00:00

fe3: ジョブを管理しているサーバ名です。ジョブを投入した計算サーバとは異なります。
Job ID: PBSによって割り振られるジョブ番号。番号の後に、ジョブを管理しているサーバ名(fe3)がつきます。
Username: ジョブを投入したユーザ名
Queue: 実行中・実行予定のキュー名
Jobname: ジョブ名(#PBS -N で指定した名前)
SessID: セッションID
NDS:ジョブが要求しているノード数(select= で指定した数)
TSK:ジョブが要求しているCPUの数
Req'd Memory: ジョブが要求しているメモリサイズ
Req'd Time: ジョブが要求している経過時間(時:分)
S: ジョブの状態
Elap Time: 実際の経過時間(時:分)

 

qstat -Qf

あるキューに対する詳細な情報を参照したい場合には、オプション -Qf を指定します。 以下は SMALLキューに対する詳細な情報を表示しています。

% qstat -Qf JP4
Queue: JP4
    queue_type = Execution
    Priority = 200
    total_jobs = 1
    state_count = Transit:0 Queued:0 Held:0 Waiting:0 Running:1 Exiting:0 Begun
        :0 
    resources_max.mem = 48gb
    resources_max.ncpus = 4
    resources_default.mem = 12gb
    resources_default.ncpus = 1
    resources_default.nice = 5
    resources_default.vmem = 36gb
    resources_default.walltime = 8760:00:00
    default_chunk.Qlist = JP4
    resources_assigned.mem = 12gb
    resources_assigned.ncpus = 4
    resources_assigned.nodect = 1
    resources_assigned.vmem = 36gb
    max_run = [o:PBS_ALL=100]
    max_run_soft = [u:PBS_GENERIC=20]
    enabled = True
    started = True
  

※上記は実際とは制限値が異なる場合があります。実際に上記コマンドを実行し、最新の値を確認してください。