システムの紹介 各種手続き 使い方と注意事項 アプリケーション一覧 講習会情報 FAQ
HOME > 使い方と注意事項 > 計算サービス

計算サービスの使い方と注意事項

ホーム領域

ホーム領域

2016年の新システムより、ファイルサーバと計算サーバのホーム領域は共通化されました。 現在、ファイルサーバおよび計算サーバのどちらにログインした場合でも同じ領域(これまでのファイルサーバの領域)が参照できます。
一方、過去の計算サーバのホーム領域は、/uva/ 以下より参照できます。

過去のファイルサーバ(sun)のホーム領域 ← ファイルサーバおよび新計算サーバのホーム領域
過去の計算サーバ(uva)のホーム領域 ← 新計算サーバのにログイン後、/uva以下で参照可能

以下に具体的な参照方法をご紹介します。

1. 計算サーバにログインします。

% ssh fe1
Password: 
Last login: Sat Dec  5 14:21:33 2015 from xx.xx.xx.xx
fe1%

2. 現在のホーム領域の絶対パスを確認します。

fe1% pwd
/user1/scl7/fukumoto   ←  現在のホーム領域の絶対パス

3. 過去の計算サーバのホーム領域の絶対パスは、現在のホーム領域の絶対パスの先頭に /uva を付けたパスになります。
従って、過去の計算サーバのホーム領域の絶対パスは /uva/user1/scl7/fukumoto になります。以下では、過去のファイルを参照するために cd コマンドで、過去の計算サーバのホーム領域に移動しています。

fe1% cd /uva/user1/scl7/fukumoto  ←  過去の計算サーバのホーム領域の絶対パス

過去の計算サーバのホーム領域のファイルを現在のホーム域にコピーしたい場合には、cp コマンド等をご利用ください。
/uva/ 以下の過去のホーム領域は読み込み専用ファイルシステムとなっています。そのため、そのホーム領域のファイル削除、 ファイル名の変更やファイルの内容変更、新規ファイルの作成等は行えませんのでご注意ください。

過去の計算サーバのホーム領域は当面の間この状態のままとしますが、必要なファイルは現在のホーム領域にコピーする等の対応をお願いします。

ファイルの容量制限

ユーザが使用するホーム領域のファイル容量には、下記のような容量制限値(ディスククォータ)が設定されています。

サーバ名 ホーム領域
計算サーバ 20 GB

現在のディスク使用量と制限値は、quotaコマンドを用いて次のように参照することができます。

fe1{fukumoto}41: quota -v
Disk quotas for user fukumoto (uid 109): 
     Filesystem  blocks   quota   limit   grace   files   quota   limit   grace
fas8060a1:/HOME/user1
                12338292  18874368 20971520           19021  180000  200000        

blocks, quota, limit のいずれも単位は kbyte です。

ファイル制限値を超えた状態が1週間過ぎると、ホームディレクトリに書込みができなくなります。 その場合は、ファイル制限値以内になるまで不要なファイルを消去してください。

計算途中で生成されるファイルなどにより、ホーム領域のファイル容量制限を越えて処理をする必要がある場合は、/aptmp/以下の一時作業領域を利用して計算を行い、必要なデータのみをホームディレクトリへ保存するようにします。