システムの紹介 各種手続き 使い方と注意事項 アプリケーション一覧 講習会情報 FAQ

Q-Chem

機能概要

Q-Chem は、分子の構造、反応性、振動、電子および NMR スペクトルを予測するための 非経験的 (ab initio) 量子化学計算の統合パッケージです。

特徴

  • 分子構築や入力ファイルの生成機能、コンテキストヘルプ および可視化ツールキットを含む、完全に統合したグラフィックインターフェース
  • 分散力が補正され、かつダブルハイブリッドな密度汎関数
  • DFT、HFおよび結合クラスタ計算のための高速アルゴリズム
  • TD-DFT による励起状態の構造と振動解析
  • 複雑なポテンシャルエネルギー曲面のマッピング
  • 強相関のための効率的な価電子空間モデル
  • 励起状態、溶媒和、電荷移動のための選択肢の追加
  • 巨大な系のための有効フラグメントポテンシャルと QM/MM 法

利用方法

利用範囲

宇治キャンパスユーザ

利用キュー

JP/UV

利用できるバージョンと設定方法

バージョン設定方法
5.0module load qchem/5.0
4.4.2module load qchem/4.4.2

実行方法

% module load qchem/5.0
% qchem [-save][-np nprocs] input output [scratchDir] 
  • -save : 全てのスクラッチファイルをスクラッチ領域(/scratch/qchem/scratchDir/)に保存します。
    このオプションがなく、scratchDir のみを指定した場合には、他の計算で必要なスクラッチファイルのみ、/scratch/qchem/scratchDir/ に保存します。
  • -np nprocs : 並列化での計算を行う場合のCPU数の指定(指定がない場合には 1CPU での実行になります。)

バッチスクリプトでの実行例

以下、バッチスクリプトのサンプルを示します。 斜体字部分を書き換えてください。また、実行CPU数の指定は赤字部分になります。

#!/bin/csh
#PBS -q UV16
#PBS -N title
#PBS -l select=1:ncpus=10:mpiprocs=10

source /etc/profile.d/modules.csh
module load qchem/5.0

cd $PBS_O_WORKDIR
qchem -np 10 job.input job.output

この例では、入力ファイル job.input 、計算結果ファイル job.output としています。 また、実行CPU数は 10 と指定しています。

サンプル

サンプルとなる入力ファイルや、その計算結果ファイルは、以下のディレクトリに格納されています。

/usr/appli/qchemxx/samples

xx はバージョン番号です。

マニュアル

関連サイト

Q-Chem, inc.