システムの紹介 各種手続き 使い方と注意事項 アプリケーション一覧 講習会情報 FAQ
HOME > アプリケーション一覧 > SiteLicense > Gaussian

Gaussian サイトライセンス

サイトライセンス

スパコンシステムでは、GaussianおよびGaussViewに対してサイトライセンスを保持しています。

サイトライセンスとは、ある決められた地域内の同一組織であれば、台数の制限なく 無償でインストールが可能なライセンスです。

ここでの”ある決められた地域内の同一組織”とは、 宇治キャンパス内の全研究領域・研究室が対象となります。 必ずしもスパコンシステムのユーザである必要はありません。
宇治キャンパスのユーザについては、どなたにも以下のソフトウェアをお貸しし、ご自身あるいは研究室の コンピュータに自由にインストールしてご利用することができます。

サイトライセンスを保有しているGaussianおよびGaussViewのバージョンなどの詳細は以下の通りです。

Gaussian16/GaussView6

Windows

  • Gaussian 16W Rev.A03 マルチプロセッサ版 32bit/64bit
  • GaussView6.0.16 Windows 32bit/64bit
Mac OS
  • Gaussian 16M Rev.A03 64bit
  • GaussView6.0.16 IntelMac OS X 64bit
UNIX
  • Gaussian16 Rev.A03 ソースコード版
  • Gaussian16 Rev.A03 64bit AVX-enabled CPUs/AVX2-enabled CPUs
  • GaussView6 64bit

Gaussian09/GaussView5

Windows

  • Gaussian 09W Rev.A02 マルチプロセッサ版
  • Gaussian 09W ユーティリティ
  • GaussView5 Windows版
Mac OS
  • Gaussian 09M Rev.C01/B01/A02 32bit/64bit
  • GaussView5 IntelMac版
UNIX
  • Gaussian09 Rev.E01/D01/C01/A02 ソースコード版
  • Gaussian09 Rev.C01/B02/A02 64bit
  • GaussView5 64bit

申し込み方法

氏名・所属・貸出希望メディア(Windows版/Mac版/UNIX版)・送付先 について スーパーコンピュータシステムまでご連絡ください。

学内便にてメディアを送付いたします。1週間程度をめどにご返却ください。

インストール手順

手順書:
Technical Support (Gaussian Inc.)
詳しくは上記Webサイトの Installation Instruction を参照してください。

MacOSの場合

比較的問い合わせが多いMacOSの場合のインストール手順を以下に示します。詳しくは、上記手順書を参照ください。

GaussianおよびGaussViewを実行させるには、いくつかの環境変数を設定することが必要です。 具体的には、g16root, GAUSS_SCRDIR, GV_DIR です。これらの環境変数は、.login や .bash_profile のファイルにて設定します。

  1. まず、GaussianおよびGaussViewのインストールメディアをDVDドライブに挿入して、必要なファイルをパソコンへコピーしてダブルクリックして解凍してください。 例えば、Gaussianであれば、G16A03IntelMAC_64bitフォルダの中にある tar フォルダ内の M64-108X.tbz をパソコンへコピーしてダブルクリックして、解凍します。 GaussView であれば、GV6M_64bitフォルダの中にある tar フォルダ内の gv-6016-MacOSX_x86_64.tbz をパソコンへコピーしてダブルクリックして、解凍します。
  2. Gaussianが解凍されるとg16フォルダができます。これを、Applications フォルダ内に移動します。
  3. GaussViewが解凍されるとgvフォルダができます。これを、Applications フォルダ内に移動します。
  4. Terminal ウィンドウを起動して、設定ファイルを新規作成もしくはすでにファイルがある場合には、設定を追加します。 通常、Terminalウィンドウは、Applications/ユーティリティ フォルダにあります。
  5. 次に環境変数の設定を行いますが、ユーザが利用するシェルによって設定するべきファイルが異なります。 そのため、以下のコマンドを実行して、自分がどのシェルを利用しているのかを確認します。
    $ echo $SHELL
    (注意:最初の $ はシェルプロンプトと呼ばれるもので、入力する必要はありません。 また、これは環境によってやや異なるため、$ ではない別の表示になっているかもしれません。)
  6. echo コマンドの実行結果が、tcsh もしくは csh の場合には、.login ファイルに以下の内容を記載してください。
    なお、/dir はスクラッチファイルの保存場所なので、自分自身の環境に合うように適宜修正してください。
    setenv g16root /Applications
    source $g16root/g16/bsd/g16.login
    setenv GAUSS_SCRDIR /dir
    setenv GV_DIR /Applications/gv
    
  7. echo コマンドの実行結果が、bash の場合には、.bash_profile ファイルに以下の内容を記載してください。
    なお、/dir はスクラッチファイルの保存場所なので、自分自身の環境に合うように適宜修正してください。
    export g16root=/Applications
    . $g16root/g16/bsd/g16.profile
    export GAUSS_SCRDIR=/div
    export GV_DIR=/Applications/gv
    

利用上の注意点

■GaussView
Windows版あるいはMac版のGaussViewをPC端末へインストールされた場合、 そのGaussViewから直接計算サーバへのジョブ投入はできません。
その場合、入力ファイルをPC端末にインストールしたGaussViewで作成後、その入力ファイルをログインノードへ転送し、計算を実行。 そして、その計算結果ファイル(Logファイルやチェックポイントファイル)を再びPC端末に転送して、GaussViewにて計算結果を確認する、といった手順が必要になります。

関連サイト