HOME > 使い方と注意事項 > 基本サービス

基本サービスの使い方と注意事項

ファイル容量の制限

ファイルの容量制限

ユーザの個人で使用するホームディレクトリのファイル容量には、次のような制限値(ディスククォータ)が設定されています。

ホスト名 ホームディレクトリ
sun.scl.kyoto-u.ac.jp 20 GB

 

現在のディスク使用量と制限値は、quotaコマンドを用いて次のように参照することができます。

sun% quota -v
Disk quotas for fukumoto (uid 109):
Filesystem     usage  quota  limit    timeleft  files  quota  limit    timeleft
/var/mail         44 18874368 20971520                 17 180000 200000            
/user1       12338292 18874368 20971520              19021 180000 200000            
/user4       12338292 18874368 20971520              19021 180000 200000            
/user2       12338292 18874368 20971520              19021 180000 200000            
/user3       12338292 18874368 20971520              19021 180000 200000            
sun%

quotaコマンドの出力値は、左から下記のような値を表示しています。

Filesystem
ホームディレクトリがあるパーティションの場所
usage
保存領域の現在の使用容量(KB)
quota
使用可能なディスク容量の制限値(KB)
limit
使用可能なディスク容量の上限値(KB)
timeleft
容量が制限値を超えた場合、一時的に対処可能な制限時間
files
ホームディレクトリに保存されているファイル数
quota
保存可能なファイル数の制限値
limit
保存可能なファイル数の上限
timeleft
ファイル数が制限値を超えた場合、一時的に対処可能な制限時間

ファイル制限値を超えた状態が1週間過ぎると、ホームディレクトリに書込みができなくなります。 このような場合には、ファイル制限値以内になるまで不要なファイルを消去してください。

制限値を増やしたい場合は、[ディスク拡張申請]を行ってください。