HOME > 使い方と注意事項 > 計算サービス

計算サービスの使い方と注意事項

PBSジョブに与えられる環境変数

PBSジョブには数多くの環境変数が与えられます。それらはすべて名前が"PBS_"で始まります。
一部の変数は、この後に大文字のO(オー)が追加されます("PBS_O_")。PBSジョブで使用するすべての環境変数とその意味については、PBS User's Guideを参照ください。

ここでは、使用頻度の高い変数と一般的な値の簡単な例を示します。

PBS_O_HOME = /user1/scl7/user-name
PBS_O_LOGNAME=user-name
PBS_O_MAIL=/var/mail/fukumoto
PBS_O_HOST=fe1
PBS_O_WORKDIR=/user1/scl7/user-name/jobs
PBS_O_QUEUE=JP4
PBS_JOBNAME=myjob
PBS_JOBID=1234.fe3
PBS_QUEUE=JP4

これらの環境変数を使用すれば、PBSをより有効に利用することができます。
特にPBS_O_WORKDIRは頻繁に利用される環境変数です。この変数は、ユーザがPBSジョブを投入したディレクトリの名前(絶対パス)を示します。