HOME > 使い方と注意事項 > パソコンからの使い方

パソコンからの使い方

Windowsからログイン

Windowsからログイン

Windows端末からファイルサーバや計算サーバにログインするためには、事前にターミナルプルグラムをインストールする必要があります。
ターミナルプログラムには、無償・有償含め非常に多くのプログラムがありますが、ここではもっとも代表的な TeraTerm と呼ばれるソフトをご紹介します。

下記リンクからTTSSH(TeraTermSSH)をダウンロードしてWindows端末にインストールしてください。
http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/

インストール後、TTSSHを起動すると、下記のような画面が表示されます。

ttssh_login

以下の点に注意して必要な情報を入力後、[OK] をクリックしてください。

ホスト名
login.scl.kyoto-u.ac.jp (ファイルサーバに接続する場合)
fe1.scl.kyoto-u.ac.jp (フロントエンドサーバ fe1 に接続する場合)

ヒストリ:チェックしておくとログイン履歴が残ります。

TCPポート#:22 (SSHが使用するポート番号は22です。)

サービス:SSHにチェック、SSHバージョン:SSH2を選択。



初めてサーバにログインするときには、以下の画面が表示されます。

ここでは、「このホストを known hosts リストに追加する」にチェックを入れて、 「続行」ボタンを押します。一度リストに追加すると、次回からはこの画面は表示されません。

次に、ユーザ名、パフレース入力画面が表示されます。(以下ではすでにユーザ名とパスワードが入力済みです)

ユーザ名:スーパーコンピュータシステムのアカウントを入力

パスフレーズ:パスワードを入力

login.scl.kyoto-u.ac.jpにログインする場合は、プレインパスワードを使うにチェックを入れて、 [OK] をクリックしてください。

fe1.scl.kyoto-u.ac.jpにログインする場合は、チャレンジレスポンス認証を使うにチェックを入れて、 [OK] をクリックしてください。

すると、パスフレーズ入力画面が別途開きますので、パスワード入力し、[OK] をクリックしてください。

以下のように画面が開けば、ログイン成功です。