沿革

沿革
1992年1月 計算サーバCRAY Y-MP2E/264を導入、運用開始
バイオインフォマティクスセンター棟(スパコンラボ)
CRAY Y-MP2E/264
ベクトル型計算機
CPU数:2基
メモリ容量:512MB
HDD容量:62.7GB
OS:UNICOS
理論演算性能:1GFlops
1997年1月 CRAY T94/4128, SiliconGraphics/CRAY Origin2000を導入
CRAY T94/4128
ベクトル型計算機
CPU数:4基
メモリ容量:2GB
HDD容量:100GB
理論演算性能:7.2 GFlops
SGI Origin2000
スカラー型計算機
CPU周波数:195MHz
CPU数:128基
メモリ容量:128GB
HDD容量:1TB
OS:IRIX
理論演算性能:50 GFlops
2002年1月 SGI Origin3800を導入
SGI Origin3800
スカラー型計算機
CPU周波数:500MHz
CPU数:256基
メモリ容量:256 GB
理論演算性能:512 GFlops
TP9400
大容量高速ストレージ
総記憶容量:21TB
(7TB×3基) HDD:73GB×100×3
2004年11月 新棟(総合研究実験棟)へ移設
総合研究実験棟

バイオインフォマティクスセンター1階
主計算機室へ全システムを移設

2008年1月 SGI Altix4700を導入
SGI Altix4700
CPU: 2core Intel IA-64
CPU周波数:1.6GHz
CPUコア(ソケット):256(128)
メモリ容量:1 TB
OS:Suse Linux Enterprise Server
理論演算性能:1.6 TFlops
2012年1月 SGI UV1000 を導入
SGI UV1000
CPU:8core Intel Xeon
CPU周波数:2.66GHz
CPUコア(ソケット):1024(128)
メモリ容量:16 TB
OS:Suse Linux Enterprise Server
理論演算性能:21.8 TFlops

NetApp FAS6240
大容量高速ストレージ
総記憶容量:600TB
2016年1月 SGI UV2000 および SGI C2112を導入
SGI UV2000
CPU: Intel Xeon 3.3GHz
CPUコア(ソケット):512(64)
メモリ容量:16 TB
OS:SLES
ノード数:2
SGI C2112
CPU:Intel Xeon 2.6GHz
CPUコア(ソケット):20(2)
メモリ容量:256 GB
OS:SLES
ノード数:150 (予備ノード6を含む)
NetApp FAS8060
大容量NWストレージ
総記憶容量:5,184TB
SGI IS7700x および SGI IS17500
高速アクセス用分散ファイルシステム
総記憶容量:3,240TB