HOME > 使い方と注意事項 > パソコンからの使い方

パソコンからの使い方

WindowsでX11フォワーディング

WindowsでX11フォワーディング

Windows端末からフロントエンドサーバ(fe1)のGUIアプリケーション(LibreOffice, gnuplot, 等)を利用するには、Windows端末にX Windowサーバのソフトウェアをインストールする必要があります。
X Windowサーバソフトウェアには、無償・有償含め幾つかありますが、ここでは無償のXming と呼ばれるソフトをご紹介します。更にTeraTermでX11フォワーディング機能を有効にする設定を説明します。

Xming、Xming-fonts のインストール


XmingのダウンロードサイトからXming, Xming-fontsのセットアッププログラム (2017年9月11日現在の最新版は Xming-6-9-0-31-setup.exe, Xming-fonts-7-7-0-10-setup.exe)をダウンロードして下さい。


ダウンロードした Xming-(バージョン)-setup.exe を実行して下さい。



インストール先ディレクトリの指定画面はそのまま「Next >」ボタンをクリックして下さい。



プログラムのコンポーネントの選択画面もそのまま「Next >」ボタンをクリックして下さい。



スタートメニューフォルダの指定画面もそのまま「Next >」ボタンをクリックして下さい。



Additional Tasksの指定画面もそのまま(「XLaunch」にのみチェックが入った状態)で「Next >」ボタンをクリックして下さい。



インストール確認画面もそのまま「Install」ボタンをクリックして下さい。



インストールが始まります。



インストール完了画面もそのまま「Finish」ボタンをクリックして下さい。



続いて Xming-fonts をインストールします。


ダウンロードした Xming-fonts-(バージョン)-setup.exe を実行して下さい。以下のような警告画面が出た場合は、「実行(R)」ボタンをクリックして下さい。



インストール先ディレクトリの指定画面はそのまま「Next >」ボタンをクリックして下さい。



インストール先ディレクトリが存在している旨の警告が表示されたら「はい(Y)」ボタンをクリックして下さい。



フォントの選択画面もそのまま「Next >」ボタンをクリックして下さい。



スタートメニューフォルダの指定画面もそのまま「Next >」ボタンをクリックして下さい。



インストールが始まります。



インストール完了画面もそのまま「Finish」ボタンをクリックして下さい。



TeratermのX11フォワーディングの設定


Teratermの上部メニューから「設定(S)」 → 「SSH転送(O)」を選択します。



「SSHポート転送」という画面が表示されますので、その中の「リモートの(X)アプリケーションをローカルのXサーバに表示する」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。



Teratermの上部メニューから「設定(S)」 →「設定の保存(S)」を選択します。



「設定の保存」画面が表示されますので、そのまま「保存(S)」ボタンをクリックして下さい。



TeraTermでフロントエンドサーバ(fe1)にログインします。fe1のコマンドラインからX Window アプリケーション(例: LibreOffice)を実行します。